アナボリックステロイド使用中に効率的に筋肉を作る食事はコレ

アナボリックステロイド使用中に効率的に筋肉を作る食事はコレ

「アナボリックステロイドを飲んでいれば、自然と筋肉がついてくれるのだろう」とお考えの方も少なくないでしょう。

日々の筋力トレーニングや食事管理に嫌気がさして、手っ取り早く筋肉増強剤に頼ろうとお考なら、見直す必要がありそうです。

確かにアナボリックステロイドを服用することで、体内における男性ホルモンの濃度が高まり、通常の何倍もの筋肉増強効果が期待されるといいますが、それだけで良質な筋肉がつくわけではありません。

正しい方法でアナボリックステロイドを使用していたとしても、きちんとたんぱく質・炭水化物・脂質・コレステロール・食物繊維などの栄養を摂っていなければ、良質な筋肉を作ることはできないのです。

ここでは良質な筋肉を効率よく増強するためにはどのような点にこだわれば良いのか?見ていきましょう。

アナボリックステロイド使用中に必要なカロリー

アナボリックステロイド使用中には、トレーニングと食事管理のどちらにも力を入れていくべきですが、どちらを優先すべきかと言われたら「食事」と考えます。

どんなにトレーニングに力を入れても、必要な栄養素が揃っていなければ、良質な筋肉を作り上げることはできません。丈夫で良質な筋肉を作るために必要な男性ホルモン、「テストステロン」を増やすためには、まずは必要なカロリーをしっかりと摂取することが大切と言われています。

低カロリーの食事はテストステロンの生成量を低下させてしまうので、しっかりと栄養を摂りつつも食べ過ぎないことをおすすめします。アナボリックステロイドを使用しているからと言って、食事をお粗末にしてはいけないのです。

最強アナボリックステロイドです。

具体的に1日どれくらいのカロリーが必要?

食べ過ぎずに良質の筋肉を付けていくためには、1日にどのくらいのカロリーが必要なのでしょうか?体脂肪を増やさないで筋肉量を増やしていくために必要なカロリーは、体重1kgあたり約45kcalと言われています。

ご自分の体重に当てはめてお考えください。例えば、体重が60kgの人は3,150kcalが必要ということになります。副作用というリスクを負って、アナボリックステロイドを服用するのですから、その効果を最大限に活かせるように、食事管理と筋力トレーニングを継続することをおすすめします。

サイクル中にとるべき栄養素

まずはアナボリックステロイドの効果を発揮するための1日の食事メニュー例を紹介します。アナボリックステロイドの使用中は、このような食事メニューが理想的です。トレーニング後には炭水化物とプロテインなど筋肉を作る栄養成分を摂り入れることをおすすめします。

起床

野菜サラダ・バナナ・プロテイン
(寝起きは身体がエネルギーを欲しているので、プロテインを摂取)

朝食

白米・味噌汁・ゆで卵2つ・シシャモ焼き・ほうれん草のお浸し
(たんぱく質は鶏卵と魚から摂取。炭水化物も多めに!)

昼食

サラダチキンとレタスのにんにくチャーハン・果物
(活動量の多いお昼ご飯は、がっつり食べましょう)

間食

こんぶとたらこのおにぎり・プロテイン
(トレーニング後にはしっかりと栄養を補給して、エネルギー切れにならないようにすることが大切です)

夕食

うどん・いなりずし・グリルチキン・野菜スープ・納豆かけとうふ
(高たんぱくで低カロリーの食事メニューを意識していきましょう)

就寝前

プロテイン

等です。参考にしてみてください。

一酸化窒素レベル増加プロテイン

知ってほしい!筋肉を増強する為に必要な栄養素

とても重要「たんぱく質」

アナボリックステロイドを服用しながら、しなやかで質の良い筋肉を増やすためには、通常時よりも多いタンパク質の摂取が必要です。

なぜなら、アナボリックステロイドの使用中はたんぱく質の合成能力が通常時よりもアップするので、筋肉の合成も働きが活発化してくるからです。

「体重×3g」を目安に、たんぱく質を摂取することをおすすめします。鶏のささみ、牛肉の赤身、豆腐や納豆などの大豆製品、卵などのたんぱく質豊富な食材を、日々の食事に積極的に取りいれていくことが大切です。

腎臓に疾患があるという人以外は、たんぱく質を摂りすぎても害はありませんので、ご安心ください。

しっかり食べたい!「炭水化物」

筋肉増強を意識した食生活をしていくと、無意識のうちにたんぱく質を重視してしまいがちですが、炭水化物の存在も忘れてはいけません。

炭水化物を摂取すると、筋肉に栄養を運ぶインスリンホルモンの分泌が盛んになるからです。つまり、筋肉量をアップさせるためには、炭水化物はたんぱく質同様に必要不可欠な栄養素ということです。

1日の炭水化物の摂取量ですが、アナボリックステロイドの使用中には「体重×4g」を目安に取りいれていきましょう。平均的にはおよそ800kcal分の炭水化物を食べることを意識しながら食事メニューを組み立ててみてください。

重要な栄養成分「脂質」

「アナボリックステロイドの使用中は、余計な体脂肪を増やしたくないから、脂質は徹底的にカットする」という人も少なくありません。しかし、それは間違いと言えます。

脂質からのエネルギー摂取量が全体のエネルギー摂取量の30パーセント以下になると、筋肉生成のためには欠かせないテストステロンの分泌量が大きく低下すると言われているからです。

脂質を完全にカットしてしまうのではなく、適度に取り入れていくことをおすすめします。ただし、酸化した油が使われている揚げ物やお菓子などから、脂質を摂りいれるのは、身体に余分な脂肪がついてしまうので控えてください。

アナボリックステロイドの使用中には、例えば森のバターと言われているアボカド、良質なオイルが詰まっているナッツなど、不飽和脂肪酸が豊富に含まれている食材を積極的に摂取したいですね。

忘れちゃいけない「コレステロール」

良質なコレステロールは新たな筋細胞を作るので、筋肉増強のためには欠かせない栄養成分です。良質なコレステロールはどのような食材から摂取すべきなのでしょうか?ズバリ、鶏の卵がおすすめです。

アナボリックステロイドの使用中は、脂肪が付きにくくなっていますので、1日5個くらいまでは食べても良いでしょう。茹で卵・スクランブルエッグ・卵かけご飯など、調理法を工夫して飽きないように食べ続けることをおすすめします。

健康維持に必須「食物繊維」

食物繊維はアナボリックステロイドの使用中のみならず、健康な身体を維持していく上で、とても重要な栄養素です。

食物繊維を積極的に摂取することによって消化速度が遅くなるので、血中のアミノ酸量を十分にキープすることができますし、腸の消化・吸収機能を高めてくれます。

さつまいもやゴボウなどの食物繊維豊富な食材を食べるのも1つの方法ですが、効率的に摂取するためには、食物繊維のサプリメントをおすすめします。

プロテインで補足

たんぱく質を効率的に摂取するのなら、「プロテイン」がおすすめです。加工されたたんぱく質よりも、天然のたんぱく質は確かに質が良いのですが、食べられる量には限界がありますよね。

そこで、お腹に溜まりにくいプロテインで効率的に摂取することをおすすめします。トレーニング後には、あまり食欲がわかないという人もいるので、そのような時にはプロテインを取り入れてはいかがでしょうか。

最大限にステロイドの効果を活かす食事の仕方はコレ

アナボリックステロイドの効果を最大限に引き出せるかどうかは、食事の仕方次第とも言えるでかもしれません。

食事は美味しく食べるのが一番ですが、筋肉増強のためには栄養成分にもきちんと配慮した上で、食べていく必要があります。

アナボリックステロイドの効果を高めるにはエネルギー切れを起こさないように、1日7回の食事をおすすめします。

人間は身体の中のエネルギーがなくなると、筋肉を削ってエネルギーに変換してしまいます。せっかく筋肉増強のためにアナボリックステロイドを摂取したり、食事内容にも気を付けているのに、筋肉がエネルギーに変換されてしまうなんて不本意ですよね。

ですから、食事の回数を増やして、常に体内にエネルギーがある状態を心掛けて下さい。そこでアナボリックステロイドの使用中は、1日に1回まとめて食べるのではなく、1日7回ほどに食事の回数を増やして、その都度たんぱく質と炭水化物を意識して摂取する方法が効果的と言われています。

特に朝食時とトレーニング後は、身体がエネルギーを欲しているので、しっかりと食べるようにしましょう。

最後に

筋肉を大きく育てる為には、まずは栄養が大切です。アナボリックステロイドの効果を存分に感じる為に、トレーニングだけでなく必要な栄養素を十分取り入れて効率よく筋肉を増強しましょう。