HMBマッスルプレスの危険な筋肉増強効果と副作用と口コミ!本当に細マッチョになれるのか?

HMBマッスルプレスの危険な筋肉増強効果と副作用と口コミ!本当に細マッチョになれるのか?

HMBマッスルプレスは、今はやりのHMBを高濃度に配合した理想のボディーを作り上げる筋肉増強サプリメントです。

当然ですが、サプリメントでありアナボリックステロイドの様な劇的な効果はありませんが、効率よく安全に、そして健康に細マッチョになれるサポートには十分あると考えます。

そんなHMBマッスルプレスはどんなサプリメントなのか?本当に効果があるのか?効率的な飲み方や特徴などをご紹介したいと思います。

HMBマッスルプレスとは

日本サプリメントフーズ株式会社が立ち上げたMONOVOブランドの筋肉増強サプリメントであり、HMBが高濃度で配合されています。

海外製品とは違い、日本国内のGMP基準認定、有機JAS認定を取得した工場で生産されているので安心できまる筋肉増強サプリメントです。

例えば…、

・最近お腹が出てきた…
・運動しても効果が出ない…
・ガリガリで男らしくなりたい…
・人前で服を脱げない…
・脅威よりウエストがデカい…
・細マッチョになってモテたい…
・ジムに行く時間がない…

などの方にお勧めできるのがHMBマッスルプレスと言われています。

HMBマッスルプレスの特徴

効果ある?HMBマッスルプレスの成分

・HMBカルシウム
・麦芽糖水飴

その他

・ステアリン酸カルシウム
・HPC
・結晶セルロース
・微粒二酸化ケイ素

となっています。つまりHMBマッスルプレスは、HMBの特化したサプリメントでその他の余分な成分はほとんど配合されていません。HMBだけと考えても良さそうです。

高いと続かないよ?HMBマッスルプレスの価格

・内容量…1本180粒(1日6粒)
・通常価格…6,700円
・定期プログラム価格…4,950円
・マッスルセット定期プログラム…8,930円

となっています。HMBマッスルプレスの嬉しいポイントは定期コースを申し込むと送料代引手数料無料で毎月割引価格になます。

そして、いつでも変更および停止が出来る事。多くのサプリメントの継続コースって効果を実感する為ではあるのでしょうが最低3回継続などというルールがあります。

ですが、HMBマッスルプレスは、いつでも解約できるので安心です。

マッスルセット定期プログラムとは

マッスルセット定期プログラムは、初回に加圧インナー【マッスルプレス】が付いてくるセットになります。

加圧インナー【マッスルプレス】は、着用するだけで姿勢を矯正しインナーマッスルを強化してくれる効果が期待でき、無意識のうちにトレーニングできると言われています。

じゃ、加圧インナー【マッスルプレス】って必要なの?

必要かどうかって言うのは個人差があると思うのですが、効率よく細マッチョになる為には、便利なアイテムと言えるでしょう。

加圧トレーニングと言うものをご存知ないでしょうか?加圧トレーニングは腕や足の付け根をベルトで圧迫して行う筋トレで通常より過酷な状態でするトレーニング方法です。

加圧することで通常よりも筋肉を使うようになり、筋肉を活性化させることができるので、多量の乳酸が蓄積され成長ホルモンの分泌が高まり通常の筋トレよりも効果があるのです。

加圧インナー【マッスルプレス】は、手足の付け根を圧迫するのではありませんが、上半身に常に圧をかける事になるので、普段の動作もトレーニングに繋がるという訳です。例えば通期でもです。

その加圧インナー【マッスルプレス】がマッスルセット定期プログラムを購入する事で、初回についてきます。

忙しくて、なかなか運動したりジムに行く機会が少ない方や加圧インナーを試した事が無いと言った方には是非取り入れてほしいアイテムですね。

ちなみに、加圧インナーでトレーニングすると通常よりも筋肉がパンパンになります。

外からはインナーマッスルで、内からはHMBマッスルプレスで、その相乗効果であなたを細マッチョに導くという訳です。

で、肝心のHMB凄さとは?

まず、主成分であるHMBですが、正式名称をβ-Hydroxy-β-MethylButyrate(β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸)と言い、「ロイシン」と呼ばれる必須アミノ酸の代謝物と言われています。

実は、HMBってプロテインにも含まれている成分なんです。プロテインは体内に摂取されるとアミノ酸に分解される事でロイシンが生成されます。

そして、ロイシンが更に分解されてHMBになり身体に吸収されるのです。

HMBなどの栄養素が少ない状態で激しいトレーニングすると体は筋肉を分解してエネルギーに変えてしまうと言いうのですが、HMBは「筋肉の合成を増やす」と同時に「筋肉の分解を防ぐ」作用が期待できボディビルダーを中心に愛用者が増えているようです。

「じゃ、プロテインでいいじゃーん」

と思われるかもしれませんが、一日に必要なHMB量をプロテインで摂取しようとすると約20杯飲まなくてはいけないと言われています。

また、サーロイン牛なら2KG、牛乳では約10万Lが必要と言われています。ちょっと無理ですよね。ですので、HMBを効率よく摂取するならHMBマッスルプレスとなります。

「じゃ、プロテインいらねーじゃーん」

と思われるかもしれませんが、それも違います。そもそもプロテインとHMBとは、役割が違うんです。

プロテインにはHMBにはないBCAAやタンパク質などの栄養素が豊富に含まれているので、可能であれば両方を活用する事が細マッチョの近道と言えるでしょう。

そして、HMBマッスルプレスのHMBとは

HMBマッスルプレスのHBM配合量は45,000mg!!!どんだけ凄いねん!!!と思っていたら1本分に45,000mgと言う事。ちょっと紛らわしい感は否めない。

と言う事は、

・45,000mg/180粒
・6粒/1日

なので、HMBマッスルプレス1粒当たり250mgになり1日あたり1500mgのHMBを摂取できる計算になります。

HMBマッスルプレスの効果的な飲み方

HMBマッスルプレスには、特に決まった飲み方は無いようですが、HMBは、「筋肉の合成を増やす」と同時に「筋肉の分解を防ぐ」効果が期待できるので、トレーニング前に飲むと効果的です。

例えば、朝出勤前に2粒、お昼や3時の休憩に2粒、夜ジムに行く前に2粒と言った感じで摂取すると良いとされています。

HMBマッスルプレスに副作用はあるの?

嬉しい事に、HMBマッスルプレスの副作用は特に報告されていないとの事。まぁサプリメントですし安心して使用できますね。

ですが、アレルギーとなると話は別で完全に否定できません。使用して何か異常を感じたら使用を中止して医師による診断を受ける事が賢明です。

だいたい、HMBマッスルプレスとはこういった筋肉増強サプリメントになるのですが、これだけの情報ではまだまだ安心して使用できませんので、実際にHMBマッスルプレスを使用されている方々のマイナス点をご紹介したいと思います。

やっぱり効果なし?HMBマッスルプレスのマイナス点

・効果なし
・口コミが少ない

となっています。全体的に口コミの数が少ないですね。残念ながら効果に関しては、さすがに飲むだけで効果を実感するのは難しいと考えます。

ですが、加圧インナーを着用し生活する事で、あまり運動できなくても多少の効果は感じるかもしれません。

理想的な細マッチョに近道なんて無いんですね。ですが、サポートは出来るといったではないでしょうか?そのサポートがHMBマッスルプレスなんですね。

HMBマッスルプレスの口コミ

では、実際にHMBマッスルプレスを使用されている方々の喜びの声を聞いてください。

・1ヶ月も経たないうちに筋肉がついてきたのがわかった
・今ではお腹の脂肪が乗らない
・1ヶ月半ですっかり体が引き締ま
・筋トレ後の藩王が楽しみになってきた
・マッスルプレストとの相乗効果でパンプ感アップ
・やんと結果が出ている

となっております。HMBは、厚生労働省「サルコペニア」と呼ばれる高齢になると筋肉量が減少して日常生活が困難になる症状について「HMB」が効果があると2015年にを表していると言います。

ここで多くは語りませんが、HMBに関しては有用性を示したものがいくつもあります。HMBマッスルプレスを正しく摂取し、トレーニングを頑張れば結果はおのずと見えてくるはずです。(参考

HMBマッスルプレスの問題点

それは、どこで購入するか?になります。残念ながらHMBマッスルプレスは、楽天では購入できないようですがAmazonでは購入できるようです。

ですが、当サイトとしては、絶対に公式サイト以外での購入はお勧めいたしません。

例えば、EDの治療薬として有名なバイアグラなどは、偽薬が横行していると言いますし、特に性の悩みに関するものは偽物が多いようですので注意が必要なのです。

(言い換えれば、信用できるのなら何処で購入しても良いと思います。)

ですので、安心安全に正規のHMBマッスルプレスを購入するのであれば公式サイトがよろしいかと思われます。

HMBマッスルプレスの公式サイトは↓↓↓です。

私的なHMBマッスルプレス

HMBマッスルプレスは、HMB以外の成分はほとんど配合されていない筋肉増強サプリメントです。

他にもサプリメントを飲んでいてHMBだけが欲しいと言う方にはピッタリなサプリメントと言えます。価格もHMB配合の他のサプリメントよりリーズナブルになっていますしHMBを試したいと考える方には向いていると思います。