ウィンゾロン(スタノゾロール)の危険な効果と副作用と口コミ!本当に筋力落とさず減量できるのか?

ウィンゾロン(スタノゾロール)の危険な効果と副作用と口コミ!本当に筋肉を落とさず減量できるのか?

脂肪が少なくバッキバキの筋肉を目指す為には、筋肉を維持しながらも脂肪は落としていくと言った方法をとらなければならないと言われています。

今回ご紹介するスタノゾロールを主成分とするウィンゾロン(Winzolon)10mgは、筋肉を増強するのではなく減量しながらも筋肉を維持したい方や女性にも使用できるアナボリックステロイドと言われているのですが、果たしてそんなに都合の良い効果が期待できるのでしょうか?

ウィンゾロン(スタノゾロール)の真相を探ってみました。

ウィンゾロンとは?


West-Coast Pharmaceutical Works Ltd.が製造する主成分をスタノゾロールとするアナボリックステロイドがウィンゾロン(Winzolon)10mgです。

アナボリックステロイドを簡単に説明すると、食べ物から摂取したタンパク質を筋肉に作り変える働きをする筋肉増強剤で、体内で男性ホルモンとして作用すると言われています。

アナボリックステロイドは、効果の反面、個人差にもよりますが副作用も在ります。ですが、ウィンゾロンはアナボリックステロイドの中でも副作用の危険性が少なく男性だけでなく女性にも使用できることから初心者向けと言われています。

スタノゾロールとは?

スタノゾロールは、副作用が少なく筋肉を付けたい女性にも使用できるDHT由来のアナボリックステロイドです。

ですが、女性専用ではありません。男性も使用できます。しかし男性が使用するとなると筋肉を増強する目的で使用する事はお勧めできません。

男性が使用する多くの場合は「筋肉を維持したまま減量する」といった目的で使用される事が多いそうです。

スタノゾロールは筋肉を増強することに関して効果は薄いのですが、筋肉を維持したまま減量をする場合にこそ効果を発揮するアナボリックステロイドと言われています。

例えば、ボディービルダーがカッティング(堀の深い筋肉)を作ったり、スポーツをする方が減量をする事がありますが、ただ体重を落とせば良いという訳ではなく現在の筋肉を維持したまま余分な脂肪だけを落とす必要があります。

そんな時にこそ活躍するのがスタノゾロールなんですね。

スタノゾロールの効果

スタノゾロールは筋肉を維持しながら減量するだけでなく、肝臓および各組織において、生体内のたんぱく質の合成を促すことで筋肉を増やし、怪我や火傷などによる著しい体力の消耗を改善します。

また、骨髄の機能を高めて血液内の赤血球数を増やしてくれる作用もあるため貧血を和らげたり、カルシウムの排泄を減らすことで骨が脆くなるのを防ぐ効果も期待できます。

ウィンゾロンの飲み方

規定では以下のようになっております。

・1日20~30mg
・1日50mgを2~3週間(貧血、閉経後女性の乳癌、代謝疾患、骨粗鬆症の治療)

となっております。減量目的で使用する場合は…、

・1日50mg
・8~12週間

が一般的なようです。この飲み方はあくまでも自己責任とし、参考程度にしてください。ウィンゾロン(Winzolon)10mgは副作用が少ないとされているアナボリックステロイドですが副作用は少なからずあります。

ウィンゾロンは17αアルキル化構造と呼ばれるものを採用しています。これは効果を増大させるため成分を肝臓に長く留まらせる事が出来るようになっている構造と言われています。

反面、肝臓に負担がかかってしまう為、8~12週間使用した後、最低でも1カ月出来れば使用期間と同程度のインターバルを設ける事が良いとされています。

できれば、より沢山の口コミも参考にし自分自信に合った方法を模索する事が大切かも知れません。

ウィンゾロンの副作用

先ほども述べましたがウィンゾロン(Winzolon)10mgには副作用があり以下になります。

・肝障害(皮膚や目が黄色くなる、体がだるい、皮膚がかゆい)
・胃腸障害(気分が悪い、食欲がない)

男性

・陰茎肥大
・持続性勃起
・精巣機能抑制

女性

・男性化現象(嗄声、多毛、ざそう、色素沈着、月経異常、性欲の亢進)

等の副作用があると言われています。

先ほども申した通りアナドリン(Anadrin)10mgは副作用が少ないアナボリックステロイドであると言われています。

ウィンゾロン(Winzolon)10mgは男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)に似た形状を持つ化学物質であり女性ホルモンに変換される事がない為、アナポロンやメダナボルなどにある女性化乳房化など副作用を起こす可能性は少ないと言われています。

また、アナボリックステロイドでありながら肝毒性が低いことでも知られています。しかしながら副作用はありますので、ご心配の方は以下のケア剤を利用する事もありと考えます。

肝毒性対策

ウィンゾロン(Winzolon)10mgは、少なからず肝臓に負担をかける為に肝毒性があると言われています。それ故、多くの方がアナボリックステロイドを使用する際、肝臓の負担を和らげるシリマリンと言う肝機能改善薬でサポートされています。

シリマリン(Silymarin)140mgは、健康な肝機能の損傷を予防するとともに、傷ついた肝臓の細胞を再生し、また、アルコールからも胃や肝臓を守り、悪酔いの予防や二日酔いの回復を補助する為、酒量の多い方や飲酒の習慣のある方にも効果的です。

シリマリンについてはコチラで詳しくご紹介しています。

精巣機能抑制対策

アナボリックステロイドを使用すると、高い確率で精巣機能が低下すると言われています。

それは、ウィンゾロン(Winzolon)10mgを摂取する事で、身体が「男性ホルモンが体内に充分あり生成する必要が無い」と判断し、男性ホルモンの生成が低下させると言います。

ですが、アナボリックステロイドの使用を止めれば精巣機能は回復すると言われています。そして、精巣機能の回復を補助する為にクロミッドジェネリック(クエン酸クロミフェン50mg。製品名Klomen)と呼ばれる排卵誘発剤を使うのが一般的ようです。

通常、クロミッドは女性が使用する事が多いのですが、男性の精巣機能の回復にも効果がある事が分かり男性の不妊症に応用することもある薬剤しても使用されています。

せっかくアナボリックステロイドで筋肉をつけても、体内で男性ホルモンが低い状態が長く続くと筋肉が落ちやすくなります。

詳しくはコチラでご紹介しておりますので参考にしてみてください。アナボリックステロイドを使用する方にとって大切なケア剤と言えるでしょう。

女性化乳房対策

ウィンゾロン(Winzolon)10mgには女性化乳房と言われる症状を引き起こさないと言われているようですが、あくまでも当サイトの意見としては完全に否定できないと考えます。

女性化乳房を抑える為に、ノルバデックス-D20mgという女性ホルモンの働きを阻害する薬剤でケアできると言いますので、準備をしておくのがより安全にアナボリックステロイドを使用する方法と考えます。

コチラで詳しくご紹介しておりますので是非参考にしてください。

薄毛対策

ウィンゾロン(Winzolon)10mgの使用により、薄毛の可能性を否定できません。

ですが、この副作用も誰にでも起こるのではなく、あまり強い副作用ではないと言われていますので、あまり神経質にならなくてもよいと思われます。

しかし、すでに男性型脱毛症やニキビ、前立腺肥大の心配がある方は、5αリダクターゼの働きを阻害するフィナロイド1mg (FinaLloyd)という薬剤を使用すると効果的と言われています。

日本で言うところの「プロペシア」になり「フィナステリド」を主成分とした薄毛対策薬品になります。ちなみに女性は使用できません。

ですが、これだけの情報ではまだまだ安心して使用するには心配の種が消えませんので実際にウィンゾロン(Winzolon)10mgを使用されている方々の不満の声やマイナス点をピックアップしてみました。

やっぱり効果なし?ウィンゾロンのマイナス点

・口コミが少ない
・浮腫み

ウィンゾロン(Winzolon)10mgは口コミが少ないのか、マイナス点もほとんど確認できませんでした。ですのでスタノゾロールを主成分とする【LaPharma】スタノゾロール10mg(Stanozolol)のマイナス点も探ってみました。

【LaPharma】スタノゾロール10mg(Stanozolol)のマイナス点

・少しイライラしやすくなった
・50mg/day 以上飲むと倦怠感が激しくなる
・吹き出物はかなりでる
・睾丸萎縮があり
・あごに大量のニキビ
・髪は抜けるように感じる
・ケアはちゃんとしないとダメ
・アルコール摂取したところ分解に肝臓が機能してないように感じる
・いまいち体感できない
・頭痛、喘息発作

スタノゾロールは副作用が少ないアナボリックステロイドと言われてはおりますが、やはり少なからず副作用は出るようですね。ケア剤の準備はしておいた方が良いのかも知れません。

ウィンゾロンの口コミ星4.5☆

では、実際にウィンゾロン(Winzolon)10mgを使用されている方々の喜びの声を聞いてください。

・脚や腕の血管が浮き出てきたので皮下脂肪も減少してる感じあり
・はっきりと効果が自覚できる
・モチベーションが上がりトレーニングが楽しくなる
・トレーニング中のパンプ感が凄くびっくり
・減量には効果大、筋力落とさず減量できる
・副作用がマイルド
・からだ かわりました!
・安い

更に【LaPharma】スタノゾロール10mg(Stanozolol)の口コミも見てみましょう!

【LaPharma】スタノゾロール10mg(Stanozolol)の口コミ星4.5☆

・筋トレの質が明らかに向上
・集中力や闘争心が上がる
・体重が一週間で3kg増える一方でウェストは細くなってる
・疲労の回復が早くなった
・疲労の回復スピードや集中力、扱える重量もあがる
・効率よく筋肉にきいているのを実感
・パワーと筋肉量はそのままで、脂肪だけを減らすことができる
・明らかに体つきが変わってきた
・バルクアップ期につけた筋肉を減らすことなく減量できている

効果はマイルドとされているスタノゾロールですが個人的には驚きの効果と感じます。筋肉はそのままに脂肪を落とす効果は本物と言っても良いのではないでしょうか?

ウィンゾロンの問題点

それは、どこで購入するか?になります。残念ながらウィンゾロン(Winzolon)10mgは楽天やAmazonなどでは購入できないようです。

通常、ウィンゾロン(Winzolon)10mgを購入するとなると代理店を通しての個人輸入を利用する事になります。

個人輸入と聞くと、何だか敷居が高いように感じますが、楽天やアマゾンとほとんど変わりありません。特に英語を話す必要もなく海外とのやり取りをする必要もありませんし、輸入手続きをする必要もありません。それらは代理店が行ってくれます。

違うのは、自らの責任で自ら使用する事が条件になり、転売目的で購入してはならないと言う事になります。

家族や仲間うちでは許容範囲と言われていますが、仮に、万が一に使用上の問題が発生したときは、販売店や国の保証は無いのです。つまり自己責任になります。

個人輸入で購入する場合、何よりも一番大事なことは、絶対に信用できるサイト以外の購入は避けるべき。というか、「してはいけない」と言いたいです。

例えば、EDの治療薬として有名なバイアグラなどは、偽薬が横行していると言いますし、特に性の悩みに関するものは偽物が多いようですので注意が必要です。

また、他の個人輸入を利用してトラブルになったと言った声もあるようですので十分注意が必要です。

(言い換えれば、信用できるのなら何処で購入しても良いと思います。)

では、どこで購入すればよいのか?と言うとオオサカ堂と言う個人輸入代理店になります。

オオサカ堂をお勧めできる5つの理由

理由1「丁寧」

迅速丁寧で、分からないことも親切に対応してくれます。

理由2「安い」

業界でも最安値ではないか?と思われます。そして全国送料無料で、メーカー正規品保証になります。これって本当にありがたい事です。

当サイト管理人以外にもオオサカ堂に感謝されている方は沢山いますし、口コミを見ればわかります、

理由3「安心できる」

私や家族がいつも利用していて安心できるからです。数年前から利用していますが、一度としてトラブルがありません

また、ウィンゾロン(Winzolon)10mgだけではありませんが商品名は記載なしで中身が分からない様に届けてくれるのも助かります。

クレジットカードを利用した場合の利用明細も商品名およびサイト名の記載はありません。

理由4「対応が早い」

分からない事があればメールで尋ねるとすぐに返事をくれるのも(1日ぐらい)嬉しいですね。

ウィンゾロン(Winzolon)10mgにおいても、例えば関税や税関など不安な事があれば聞いてみると良いでしょう。丁寧な返信がいただけます。

ただし、オオサカ堂はメーカーではありませんの、でメーカーにしか分からないような事は流石のオオサカ堂でも分からないのです。

理由5「信用できる」

口コミが信用できると思います。もちろん、私も最初は半信半疑でしたが、オオサカ堂を利用してみて口コミが大げさでない事が分かったからです。

私や家族の経験から悪い口コミも「なるほど」と思えますし、良い口コミも大げさではないことが購入して使用してみて実感出来ています。

この胡散臭いって思うほどの効果の真相は以下にて確認できます!あなたの厳しい疑いの目で、実際に使用されている方々の生の口コミを是非ご覧ください。

オオサカ堂とウィンゾロンのリアルな口コミは↓↓↓

最後に

スタノゾロールは1988年のソウルオリンピックの男子100m決勝で当時の世界新記録を樹立して優勝したベン・ジョンソンが使用していた事でも知られているようですね。

当時はスタノゾロールを使用しても検出が困難とされていた成分と言われていましたが、陽性反応を示したベン・ジョンソンは金メダルを剝奪されたことでも有名です。

なので、スタノゾロールはドーピング検査対象薬剤となっていることが多いため、退会など参加予定の方は使用に際しその点ご留意ください。

今回ご紹介したスタノゾロールを知る前は筋肉を維持したまま減量できるアナボリックステロイドがある事など全く知りませんでした。

もしも、筋肉増強に励む皆さんが更にバキバキの筋肉を求めるならばウィンゾロン(Winzolon)10mgは試して見る価値ありではないでしょうか?

皆さんの筋肉ライフが綺麗で健康でありますように BHL.